スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/24神室山(1365m)

2016.07.25.22:45

久しぶりのお山。しかし天気予報見ていたら宮城県は天気が悪い。秋田が一番天気は良さそう(暑そうだけど)

出だしが遅かったのであっさり登れるお山で、それなりに眺望が望めるところ。本当は森吉山なんぞ良かったのだが、いかんせん遠い。鳥海山も麓はともかく山頂はガスっぽさそうなので、お手軽神室山にしました。あとは私のおニューの靴のデビュー戦なので、しょっぱなからハードなところは避けて、というところ。shigeちゃんとのんびりスタートです。

072420165106.jpg
西の又林道をたどり、登山口へ。宮城県側は小雨模様でテンション下がってましたが、秋田は好天!やはり天気はいいほうが気分も良い。

072420165113.jpg

行きは西の又コースでいきます。吊橋の上から西の又沢。こんどはイワナ釣りにこようかな。

072420165123.jpg

足慣らしをしながら、樹林帯をいきます。しかしブナの実の殻が登山道を覆っていて昨年の豊作を示しています。だから今年は小熊多いのかねえ。
三十三尋の滝で小休止。ここからちょっと進むと不動明王(最後の水場)。そしてその先は胸突き八丁というそれなりの急登で汗を絞られます。

072420165137.jpg

胸突き八丁から振り返ると前神室山が青空にくっきり。天気はいいんですが樹林帯で直射日光にあぶられないのはいいものの、やはり暑い。

072420165145.jpg

登り切ると御田の神。振り返ると湯沢方面が見えます。盛りのキンコウカや終盤のニッコウキスゲが咲いていました。

072420165165キヌガサソウ
御田の神から窓くぐりに向かう道脇には花が終わったキヌガサソウ。今年も花見損ねた。

072420165166.jpg
窓くぐりの稜線からは神室山が。ちょいとガスってますね。まあ風もあり涼しいのはいいですが。

more...

スポンサーサイト

tag : 秋田の山

6/4虎毛山(1433m)

2016.06.07.00:27

久しぶりのお山は山開き前日の虎毛山。
花渕バイパスで近くなりました。
R108から降りて行き、橋のたもとの駐車スペースにはなぜか宮城、仙台ナンバーの車がいっぱい。ちょっと離れた退避スペースに車を止め、ウォームアップがてら作業道を歩いていきます。

060420164165.jpg

昨年9月の大雨で秋田県側も結構崩れています。shigeちゃんダッシュで通過してね。荒天の時は通っちゃいけませんよ。

高松岳

翌檜林を過ぎ、一本調子の登りで絞られ、縦走路分岐を過ぎると、北には高松岳。

060420164205.jpg

ずいぶん掘れた登山道から木道となり、虎毛山山頂へ。明日の山開きに備え、整備された山小屋は塗装中でした。ご苦労様です。

060420164211.jpg
060420164233.jpg
ヒナザクラ
地塘と栗駒山

ちょっと早いオアシスの花を愛で、地塘の向こうに栗駒山。

060420164268.jpg
060420164279.jpg

しかし残雪のなさにちょっとびっくりです。

more...

tag : 秋田の山

お山新年会

2016.03.07.23:32

3月5日は前回のエントリーでも告知していた山岳写真集団仙台の第1回写真展『 想いの山 四季 』を見に行きました。3月1日から3月6日までですが、5日がタイミングよかったので行ってきましたとも。

030520162311.jpg

開業後、初地下鉄東西線。

030520162314.jpg

宮城県美術館・県民ギャラリーⅠで開催されています。素晴らしい写真ばかりで、山にも根性入れてデジイチ持っていこうかなと触発されました。一応マクロレンズも持ってるので、これからの時期に花を撮ろうかと(笑)

030720162432.jpg

写真展のお土産は、ナカシィさんのステッカー。いい写真撮るためには努力が必要なのです。私には無理かなあ。


写真展で合流したmorinoさんとパスタでランチのあとは、お楽しみの山形新年会。仙山線で移動し、乾杯前に超久しぶりのボーリング!みいらさんとmorinoさんと私の平均年齢高めの3人で楽しみました。

スコアはさておき、軽く体を動かして、お楽しみの新年会です。

030520162341.jpg

この明かりの向こうには素敵な料理とお酒が待っていました。
先着していたsoneさんたちとも合流し乾杯です。

美味しい料理と、お酒を満喫し、満足して仙台へ戻りました。いやあ日本酒のセレクトが素晴らしい。料理も素敵でした。

伝七、良い店です。また行きたいです。みいらさん、ありがとうございました。

告知

2016.02.25.10:00

山岳写真集団仙台の第1回写真展『 想いの山 四季 』が3月1日から宮城県美術館・県民ギャラリーⅠで開催されるそうです。

2.jpg
3.jpg
1.jpg

山仲間のナカシィさんほか、早川輝雄さん、東野良さん、鈴木茂さんほか錚々たるメンバーの素晴らしい写真が100点以上展示されるようです。

時間のある方は、是非宮城県美術館に足を向けてくださいませ。いや時間を作って行ってください。

もちろん私も行きますよ。

2/11泉ケ嶽(1172m)と南西尾根

2016.02.24.23:16

 久しぶりの山行。近場の泉が岳(泉ケ嶽)にmorinoさん、ツキダテさん、shigeちゃん、私の4人でお出かけしました。

 もうすこし天気がいいかなと思ったのですが、午前中は思ったほど回復せず。でも久しぶりのワカン&スノーシューなので、よしとしましょう。

021120161967.jpg

途中までは踏まれていてツボ足で問題なかったのですが、水神手前で結構積もってきたのでスノーシュー&ワカン装着。
 私とmorinoさんはワカン、ツキダテさんとshigeちゃんはスノーシュー。

021120161973.jpg

しばらくはトレースをたどりますが、登山道(積雪でわかりませんけど)を外れ、北へ谷合に入り、さらにいつもよりちょいと登ってから南西尾根登っていきます。いつもはちょっと下から短い急斜面を一気に尾根に乗り上げますが、初めて谷合からアプローチしました。大きな熊棚があったりして、自然度の高い領域と感じた次第です。

021120161979.jpg

雪山は暑いなあとか、体が重いとか言いながら尾根に到着です。

021120161982.jpg

弱点を崩して尾根に乗り上げます。

021120162006.jpg

夏はわからないですが、雪のある時期はこの南西尾根が良くわかります。以前のエントリーでは袖泉と紹介していましたが、船形山系のマニアchibaさんの記事から、先人たちは今の北泉が岳を袖泉と呼んでいたようです。ここは先人に敬意をはらい、素直に泉が岳南西尾根としましょうか。私としては裾泉でもいいかなと思ったのですが。(笑)

021120162008.jpg

南西尾根を登り縦走路合流手前で北泉が岳(袖泉)が見えます。

021120162027.jpg

いきなり人口密度の高くなった山頂広場からとっとと下りにかかります。

021120162032.jpg

水神まで降りてきて
021120112033.jpg

かわいいスノーマンに見送られスノーシューを外します。

021120162038.jpg
021120162039.jpg

山を下りてのお楽しみは、ラーメン。今回は無我久庵。小鉢付きの美味しいラーメンが600円とは素晴らしい。ごちそうさまでした。


more...

tag : 宮城の山

プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。