スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マット修理

2009.12.15.23:55

発売当初から愛用していたモンベルのULコンフォートシステムのマットとピロー。
最近マットのエアがじわじわと抜けるようになり朝まで快眠できない!!
せっかくリペアキットが同梱なのだからリペアしよう。

まずは膨らませ、お風呂の残り湯へ突っ込む。冬で水だと冷たいし、サイズ的にも一般家庭でマットのエア漏れチェックはお風呂しかできない。

当然のことながらかなり浮力があるので部分的に沈めて穴がある箇所をチェックする。おや穴がない??!!

裏表何回かひっくり返して、よーく見てみると、角の補強部分のあて布の境界部分に、よく見ればわかる程度の細かな泡を発見。マット表面に気泡があるとわかりにくいし、膨らませて強制的に絞って穴から出る泡の勢いを増さないと発見できない場合もある。
テントのフロアをつきぬけ、木の枝がマットに刺さってでかい穴が開いているのならはっきりわかるのだろうが、今回のように補強部分の角がこすれて微妙なエア漏れはわかりにくい。

120マット修理

白丸で囲んだ部分がリペアした所。最中張り合わせ+補強部の境界3重点で微妙に漏れてました。

フィールドでリペアできるようにちゃんと同梱のパッチは裏紙を剥がせばそのまま接着できるようになっているが、今回は接着剤を塗布した上で貼り付けた。

はがれないようには、パッチは角を丸める必要あり。ちなみに同梱のパッチ(2枚入り)は平面の穴を塞げるサイズなので適宜切断して使用した。標準サイズですべてをカバーできるわけはないので。

修理後はかなり回復したが、ちょっと不安。耐寒訓練時に確認しよう。
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。