スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/27前烏帽子岳(1432m)後烏帽子岳(1680m)

2012.10.28.12:00

 思えば今年は中央蔵王には足が向いていなかった。まあ沢には入っていたんですけど・・
 間もなくエコーラインは冬期通行止めの時期になるので、紅葉から冬枯れへ移ろう静かな山を歩いてみようかなと思った次第である。エコーラインそのものは混んでそうなのでパスし、烏帽子岳から屏風を見てみようかなと烏帽子岳に向かうことにした。
登山口
時間があれば違うコース取りも考えていたのだが、毎度のことながらアッシー君してからで出発が遅くなってしまったので小阿寺沢から前烏帽子岳へ登ることにした。ここは沢登り教室でも来ましたねえ。

小阿寺沢
 沢登り教室の時はここから入渓したわけですが、今日は登山道をたどります。

紅葉
 ふもとは天気も良いのだが、上は雲がかかりちょっと天気が心配。もう少し早く登り始めればもっときれいに見えるのだろうけどねえ。800mくらいはいい感じの紅葉。まあ文句は言えまい。

 黄葉
 ひたすら登り続ける登山道に毒の汗を絞られ、1000mくらいでは名残の黄葉。

登山道
 多少刈りはらわれているものの小さな数字のかいた板や赤布をたどりひたすら登ります。

落葉
1300mくらいまで登ってくると落葉しすでに冬枯れの雰囲気。でもまあ樹林の中を登って来るので直接風を受けないのは寒くないということでもあるのだが、これからの時期、大汗かきの私は着るものに悩んじゃううなあ。

後烏帽子岳

 烏帽子岩で昼食休憩。岩場に登ると雲が多いものの屏風や馬の神岳が見える。後烏帽子岳は時折日差しを受け名残の紅葉の中に見えていた。

稜線の黄葉
 前烏帽子岳の山名板の辺りでは稜線の黄葉が残っていた。

後烏帽子岳山頂
えぼしスキー場からの分岐からすぐで後烏帽子岳山頂。
さすがに山頂広場は風に吹かれて寒い。エコーラインや刈田岳のハイラインは結構な交通量のようだ。そそくさと下りにかかる。

北は大東岳

階段に苦労しながらゲレンデに下る。雪のない草ゲレンデを下る途中に北に大東岳が見えた。

遠刈田温泉に下り、トラさん推薦の混んでいない温泉(500円)で汗を流し、蔵王ホルモンと新高梨をお土産に帰宅しました。

 登りで1100mくらい標高差があるのでそれなりに歩き甲斐ありました。(登り標高差は大東岳といい勝負)緑から紅葉、名残の黄葉そして冬枯れへと登るにつれ山肌が変化し、烏帽子岩や後烏帽子からのパノラマはなかなかでした。それに殆んど貸切の静かな山歩きが出来たのもよかったなあ。でも当然キノコなしね。

 それにしても汗かきの私はレイヤリング悩むなあ。まあ冬は天気悪い時は命にかかわるので行きませんけど、備えはしておかないとねえ。







 
スポンサーサイト

tag : 宮城の山

プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。