スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/7船形山(1500m)蛇が岳(1400m)

2011.08.07.23:02

安定した晴天とはなりそうもないが、夏祭りで飲みすぎの体から毒の汗を出すためにお山へgo!

実は小荒沢林道が開通したということもあり、久しぶりに大滝コースから登ってみようかと思った次第である。小荒沢林道は保野川源流にかかる大滝橋が架けかえられていた。結構な土砂崩れのあとから、橋まで流されかけたのかもしれない。でその先で何故か舗装されている道路を大滝キャンプ場へすすむ。冷たい人命水を補給し、大滝コース(最短コース)で登りにかかる。

ナグサメの滝

三光の宮方面への分岐には薄れているが確かに「ナグサメの滝」と書いてある。この滝の考察はマロ7さんのブログで。

 しかし暑い!風がないので余計暑い。毒の汗をかいて、ゆっくりと登っていく。

 前船形山と鏡池

 ブナの実が結構実っているのを眺めつつ振り返ると前船形山と鏡池が見えた。いやこっちのコースはほんと久しぶり。

     御来光岩手前の藪


 石の敷き詰められた登山道をえっちら登っていくが、結構藪が張り出している。時期的にやぶっぽいのはしょうがないが、通る人が少なくあまり刈り払いされていないのかな。

船形山山頂

 あいかわらずのろのろと足を進めやっと山頂へ。山頂もそよ風程度で、結構暑い。

てふてふ

 おにぎりで昼食。そよ風なもんでちょうちょも優雅に飛んでいたりする。ヤンマはアブを空中戦で捕獲していた。


--------------------------------------------------------------------------------------------------
盛夏にはじめて登ったような気がするが、意外と花があるもんだ。

イワオトギリ

 イワオトギリでしょうか

 ミヤマシャジン

 意外と多かったのがミヤマシャジン。他にはウスユキソウやイワテトウキなど。夏のお花畑を蛇が岳方面へ進む。でも雲がわいてきてちょっとやな感じ。ゴロゴロだって。やばい!急いで蛇が岳から池糖へ下る。


  キンコウカ

 池糖を過ぎたあたりではキンコウカが結構咲いていた。キンコウカを見ている人がいたが、いつもお世話になっているブナを守る会のkさんでした。

 クーちゃん

 升沢コースから湯谷地への分岐点ではクーちゃんを連れたベテランさんが休憩中。ここから大滝キャンプ場までは藪もなく快適な道を下る。

 鈴沼


 スタート地点へ戻り、そのまま目と鼻の先の鈴沼へ向かう。なかなかのたたずまいであった。


 たっぷりの人命水で生き返り、小荒沢林道を升沢へ戻る。


 大滝キャンプ場-御来光岩-船形山山頂-蛇が岳-瓶石沢-千本松山-大滝キャンプ場

 歩行距離約10km 標高差±740m

 
 やたら暑いとおもったら、下界も相当暑かったらしい(笑)






スポンサーサイト

comment

Secret

雨はなかったの?

2011.08.08.13:05

昨日、船形山は泉ヶ岳から見るとガスの中でした。
こちらは下山時に雨でしたが、大丈夫だったんですね。
蒸し暑い時でしたが雨に会わずにクーちゃんに会えるとは幸せ者ですよ。(笑)

真夏の鈴沼

2011.08.08.20:46

鈴沼は秋に見るんだと思っていましたがやはり鈴沼は最高の景色ですねぇ。
ここから前船までは奴の住家ですね。
クーちゃんと会いましたか…。
クーちゃんはマロとお友達ですよ。

>morinoさん

2011.08.08.21:01

雨雲は三峰から南にかかってましたので雨には当たりませんでした。でもゴロゴロは嫌だなあ。おかげで下りがはやくなりクーちゃんに追いついた形となったのはラッキーでした。

>マロ7さん

2011.08.08.21:08

ワンちゃんの名前は?
>クーだよ。もういい年なんだけどね。もうあちこち一緒に登ってるんだよ。

休憩しながら四方山話して、ブログもやってるからねー、なんて話されていたんで、おや??と思ったら、以前マロちゃんと一緒になったことのあるあのクーちゃんだったのですね。おとなしいワンちゃんでした。御一緒はkoyoさんだったのかな。
いやあ世の中狭い。
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。