スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種沢倉(785m、補足)

2012.02.03.10:32

 北泉が岳に連なる大倉山から東に見える結構刈り取られてしまった山、点名:黒森北(785m)は種沢倉ともいうらしい。

などという話をsoneさんから聞いていた。でこの間林道経由で登ってきたわけだ。作業林道に浸食、伐採される前は結構な藪山であったらしい。北東にある舛沢大平周辺は熊棚の密度が濃く、黒森北に僅かに残った尾根筋を通じ熊さんが散歩しているらしい。

 ふと思いだして手元の山と高原地図「蔵王」2006を見ると、なるほど種沢倉と表記してある。で地図を探したら90年ころの山と高原地図「蔵王」があった。(大倉山の登山道が記載されておらず、スプリングバレーも90年冬新設オープンと書いてある。小冊子にはちゃんとロバの耳コースも載っている)それにもやはり種沢倉と表記があった。
 山と高原地図は沢の名前も細かく記入されており、ある意味25k地形図よりも役に立つ。

 南面の岩場
 吉田川源流右岸より種沢倉のいわれと思われる岩肌を望む。もっとも高いところが黒森北である。中央上付近の岩壁が倉の由来と思われる。

乱飛滝

この岩肌を眺められるところの踏み跡(多分キノコ道)を下ると吉田川源流になり、そこに乱飛滝(ランヒタキでしょうか)がある。この滝も山と高原地図には滝名が載っている。滝の音と言っていたのはこの下流のマンノウ(万能)の滝ではなく、この滝と思われる。

 マンノウの滝もいいが、吉田川には350コンター付近の毛虫居なくなるあたりに2段の滝がある。

無名滝

これは下の滝、左岸からこれるが、この上の滝はハングしているので戻って下の滝も含め右岸からまとめて巻くのがいいのだろう。もっともその上もいやらしそうなの突っ込んではいないけど。

 寒波と腰痛でお山に行けないので机上登山してみました。
スポンサーサイト

comment

Secret

雨が降って雪がしまったかな

2012.02.07.20:45

机上登山もいいですが、今冬は行くのすかね。
一度は真上からの種沢倉を見ないとね…。(^o^)

2012.02.11.12:25

>マロ7さん
今月は出張月間なので横に育っちゃいました(笑)
風早からいくか、天気図次第ですが25,26あたりなら出撃できそうです。
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。