スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/17品倉山(1211m)

2013.03.18.21:00

最近は週末になると荒天でしたが、この日曜は久しぶりに好天に恵まれそうです。なので、いろいろ悩みましたが、展望の良い雪山を楽しめるということで山形県は品倉山(1211m:湯殿山と湯殿山神社をはさんで北向かい)へのお話がありました。私はもちろん未踏のお山なので文句はありません。

本日はsoneさん、masuさん、morinoさんナカシィさん、私、の「美女となんとか」の組み合わせです。soneさんたちとは2回目、ナカシィさんとはお初ですがそこは山好き同士ですので移動の道すがら四方山話(もちろん「よもやまばなし」で「しほうざんばなし」ではないですyo)で打ち解け一路山形向かいます。

くっきり雁戸山

 向かう途中では雁戸山が見事なスカイラインを描き、本日の山行を祝福しているかのようです。

朝日連峰も光ってる

葉山
南から見る月山


さらに山形に抜けると葉山、月山、朝日連峰と絶好の雪山日和を保証してくれるかのように光っています。月山道路から湯殿山スキー場へ向かいますが、さすがに日本海側は太平洋側と違い残雪が豊富、というかうっすら新雪も降ったようです。

 駐車場に続々と車が到着してくるなか、みんなで身支度を整え、一応アイゼン(クランポン)ももって出発です。登りは1回券でリフトに乗ります。ああ楽チン!あと当然サングラスもね。

さあ出発
中台池

 リフトトップでスノーシューを装着し東進。中台池があるそうですが冬季は積雪・凍結で静寂の雪面が広がっています。ここから南東へ1本あったスキーのトレースに沿って進みます。天気が抜群で上は薄手のフリース、手袋すら必要ないくらいでした。女神さまたちは帽子、サングラス、フェイスマスクの完全装備で日焼け防止対策。晴天の雪山は雪目、日焼けが怖いですから。私も顔に日焼け止め塗りたくります。

ゲレンデを登る
湯の沢岳

快晴

品倉山

 少し進むとどーんと品倉山が目前に。そしてまわりもいい感じ。霧氷が輝いてます。山頂から北斜面沢型にはスキーのトレースが見えます。あれ登りトレースだよなあと感嘆。品倉山の西尾根ではなくちょいと急な北西斜面に取り付いて登っていきます。ここが一番大変でした。ザラメっているうえにさらっと新雪が乗っかっていたりして食いつき悪いです。雪崩リスクを増やさないために直登しますが滑落すると結構落ちそう。でもナカシィさんがワカンでさくさく登っていきます。私はといえばスノーシューのグリップが悪く前爪も刺さらずたまらずスノーシューではなくアイゼンに変更。皆さんの踏んだ跡を利用し何とかクリア。あと登ったところでストックが片方折れてしまい妙なバランスでした。

霧氷
月山
大朝日岳
湯の沢岳方面
鳥海山
本日の女神様たち

 傾斜がゆるくなって雪庇の稜線をわずかに進めば品倉山山頂。もちろん三角点は雪の下。周りはこれでもかの大展望。目の前は月山、湯殿山と岩壁、南は朝日連峰、西には1000mないとは思えない湯ノ沢岳の連なり、そして北には鳥海山、丁山地(丁岳もsoneさんに教えてもらい視認できました)。いやあこれまでの鬱憤を晴らすかのような晴天です。さすが女神二人のパワーですなあ。感謝感激!



 その後痩せ尾根をたどり東の1281ピークに向かいます。眼下に湯殿山神社を見下ろせます。湯殿山の岸壁が目前に!

朝日連峰


湯殿山ドン

masuさんの絶品ケーキ

 1281ピークから戻り、平頂で展望楽しみながら大休止。本日もお楽しみはmasuさんのケーキ。相変わらずすばらしい出来です(って私は2回目だけど)ちょっとだけ乾杯して、ケーキ食べて周りの絶景を楽しみます。おお猛禽類が悠然と滑空していきました。

稜線に浮かぶmorinoさんとmasuさん
急斜面を下る


 絶景をたっぷり楽しみ、名残惜しいですがそろそろ戻ります。下りはアイゼンです。おや雪庇の上にmasuさんとmorinoさんが。浮いているような感じでいいですねえ。もちろん本当に雪庇に乗っているわけではないですよ。休憩中はさすがにジャケット着ましたが、下り始めたらやはり暑いのですぐ脱ぎます。

品倉山を振り返る



 朝と違い午後は雪がだいぶ重く、クラストしたところも濡れて軟らかくなっていました。かなり気温も高く、霧氷も溶けてなくなっていました。



 傾斜が緩んだらスノーシューに履き替え、それぞれ好みのコースをとり(これがスノーシューのいいところ)、たまに駆け下ったりしてあっという間にゲレンデトップ(上のリフトは動いてませんが)に到着。キツネがゲレンデを横切るのを目撃して、なんやかや話しながら下っていきます。最後はゲレンデ間の林間を通過してふもとに到着。

 なんとも贅沢な雪山を味わえた山行でした。

品倉山ログ


 トラックログ 往復10km程度とお手軽な割りに絶景が楽しめるコースでした。(晴天であれば)品倉山の急登だけは注意が必要ですがあとはまったり。

ふくやのエビワンタンメン


 〆は寒河江のラーメン「ふくや」。場所はちょっと分かりにくいですが、ワンタンメンがお勧めだそうです。私はエビワンタンメンを注文。すり身ではなく小ぶりの海老がプリッと入っていました。これといってとんがった特徴があるわけではないのですが、バランスの良い安心して味わえるワンタンメンでした。普通のワンタンメンはワンタンがたっぷりでした。ホールの接客が若い女の子だったのもポイント高い?!



 土曜日の強風、雨でちょっとだけ心配しましたが、日曜は予想以上の晴天で、絶景を山仲間と一緒に味わうことが出来ました。(ラーメンもね)。来週はどうなる?



 ご一緒していただいたsoneさん、masuさん、morinoさん、ナカシィさんありがとうございました。

 私は日焼け止めのおかげで大丈夫でしたが、soneさん、morinoさんはかなり日焼けしていたので大丈夫だったでしょうか。
スポンサーサイト

tag : 山形の山

comment

Secret

No title

2013.03.18.21:21

この雪、半端じゃありません。
さすが山形、月山の麓ですね。
お天気に恵まれ最高の山旅になりましたね。

No title

2013.03.18.23:33

お疲れ様でした。
記事のアップが早いですね。私はしばらく時間がかかりそうです。
今回で4回目の品倉山行でしたが、何回登っても飽きない素晴らしい山です。
日焼けはそんなに酷くなかったですよ。
でも会った人に驚かれましたけど・・・

No title

2013.03.19.23:13

>utinopetika2さん
 好天の雪山は天国ですから。そちらも満喫出来たようでなによりです。

>soneさん
大変お世話様でした(_ _)
記憶が鮮明なうちに書かないと忘れるんです(汗)
あの景観見るとまた行きたくなりますねえ。動画楽しみにしてます。

No title

2013.03.20.12:08

お世話様でした。
いやー、絶景でしたね。v-290
あんなに素晴らしいものが見られるとは想像以上でした。
でも、顔がヒリヒリv-409
又よろしくお願いします。

No title

2013.03.21.00:26

tomさん、たいへんお世話さまでした。
はじめてお会いしたのに
なんかいっぱいお話しましたね~(^_^)
素晴らしいお天気に恵まれて
気持ちの良い尾根歩きでした。
また汗だく対決しましょう!

No title

2013.03.21.21:17

>morinoさん
ほんと絶景でした。あのトラップ付き痩せ尾根も良かったですね^^
運転ありがとうございました(_ _)

>ナカシィさん
天気がいいとやはりテンションあがって、話がはずみますよね。良い意味でびっくりさせてもらいました。ええ汗の量だけだったら負けませんけど(笑)

No title

2013.03.23.07:48

良い天気でしたね。
明日もこんな天気にしてくださいな。
ふくや、以前食べましたよ。(^o^)ウマイ

No title

2013.03.23.17:39

>マロ7さん
お天気祭りいっぱいしますから大丈夫でしょう

ノミスギチュウイ^^:

No title

2013.03.25.22:49

ウッヒョー(≧▽≦)
こっちはこんな感じだったんですねぇ。こちらもスンバラシイ!
ワタクシこの日は屏風岳からドピーカンを堪能しました。蔵王のうしろに月山も一際真っ白に輝いてました。
もう下界はすっかり春ですが、月山エリアはまだまだ雪山、まだまだ遊べそうです\(^o^)/

>tobyさん

2013.03.27.22:23

あー久しぶりにスキーもしたい・・・です

tobyさんも日焼けには気を付けて!
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。