スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月14日(日) 石見堂岳(1291m)赤見堂岳(1446m)

2013.04.16.21:53

本日のお山は山形県朝日連峰にある赤見堂岳(あかみどうだけ)です。登山道のないこのお山、当然のことながら積雪期がメインで山スキーでは登られているようです。取り付きから山頂までちょっと距離はあるものの、朝日連峰と月山の絶景を眺めることのできる味わい深い山域です。soneさんのお誘いに、渡りに船と山行決定です。

なぜか私の手元に昭和時代の25k地形図(赤見堂岳)があります。源頭に登山道のない山域を探していた時期に購入したもののなかの一つです。移転前の一番町の仙台地図センターで購入した記憶があります。登山目的で購入したものではなかったのですが、四半世紀を経てこの地形図を持ち出すことになるとは面白いものです。山でmorinoさんの地形図と比べたら月山自動車道はないし、測地系も違うようでした。まあ地形は変わらないからいいんですが。

月山だよ

 宮城県とは桁違いの残雪のなか、大井沢地区でsoneさん、masuさん、お目にかかるのはお初のebiyanさんmorinoさん、私の5名で薄暗いなか集合し、準備します。朝日を浴びて月山が見送ってくれますよ。
 小桧原川の橋のたもとにもかすかに踏み跡はありましたが、すぐ上で雪が思いっきり切れていたため400mほど北に向かうと雪壁の低いところがあり、そこにたくさんのトレースがありました。ここから入山がやはり楽のようです。雪面に乗りますが早朝の放射冷却で雪面が締まっていること、これから結構傾斜もあるようなので、全員アイゼン装着し、まずは石見堂岳(1291m)へ向かいます。というより雪が締まっている早い時間に行動開始すべきですね。
ヤドリギの小ピークへ
山形盆地は靄の中

 踏まれたトレースもあり、かなりいい感じでサクサク登れます。ただ痩せ尾根の間に急な登りがあったりしてけっこう絞られます。クラックの入った雪庇を割け、藪を巻いたりしますが、登ってくるにつれ朝日連峰の山々が頂を覗かせます。
朝日連峰が顔を出す

朝日に照らされる月山

 いい天気なのですぐにウィンドブレーカー脱ぎます。951ピークで小休止。周りは白銀をまとったブナの疎林。月山と朝日連峰の絶景の挟み撃ちですね。沢筋からはかすかにコゲラのドラミング。上空には猛禽類の飛翔。そして晴天!暑いです。
 石見堂岳南東の1130の小ピークは直登のトレースと谷あいのトラバースのトレースの2つありましたが、雪も安定しているのでトラバースして石見堂岳へ突き上げる直下の斜面を登ります。新雪が不安定な時期は通るべきルートではないです。あー自分の体重が恨めしい!1100mあたりから上は笹薮や灌木なので今は当然雪面だけ!
石見堂岳から赤見堂岳

 石見堂岳山頂はその名の通り、石が露出していました。そのまんまだね。西にはこれから向かう赤見堂岳がどーんと姿を見せています。山頂が朝日に赤く照らされているのが見えるからなのかしら。
 ここから西の鞍部へ降りますが、吹き溜まっていたり、新雪が残っていたりとアイゼンではツボ足になりひどいのでワカン装着。私はワカンないので小ぶりのスノーシュー。まあこれしかないのだが・・稜線にでるとさすがに風が強い。風で冷えるのでウィンドブレーカーをまた着込む。晴れたり曇ったりの天候ですが、悪くはないです。それに風は強いですが冬の痛い風とはちがいます。
赤見堂岳がどーん


 標高差100mほど降りたら登り返しますよと。日差しがかなり強いので雪も緩んできました。尾根左は小桧原川源流の谷に一気に落ち込んでいるので、トラバースは出来ません。素直に1355ピークを目指して登ります。1355ピークから降りた鞍部は風が弱く小休止します。

赤見堂岳山頂まであとわずか


さあ最後の一登りで赤見堂岳はいよいよ山頂が近づいてきました。

危険なトラップ

 と思ったらマスさんが突然消失!なんと雪で隠れていたクレバスにはまりかけてしまいました。大事には至らず自力で穴から出られましたが、一歩間違うと大変なところでした。ロープ、スコップ、スリングはパーティーで一式持っていたものの使う状況にならなくて良かったです。
赤見堂岳山頂到達
離森山
以東岳

 そしてついに赤見堂岳(1446m)山頂です。月山、姥が岳、品倉山、離森山、高安山、以東岳、障子ケ岳、大朝日岳、大頭森山などとご褒美の絶景を味わうことが出来ます。さすがに風が強く、西風に変わってきたこともあり撮影タイム終了後鞍部に戻って大休止とします。soneさんは当初は小桧原川と大桧原川の間の尾根(赤見堂山頂からは馬場平という尾根途中の平坦部が見えます)から周回を考えていたようですが、雪が重く下りラッセルになると大変なのでピストンで戻ることにしました。それでも石見堂岳への登り返しは効きそうだなあ。

赤見堂岳山頂から降ります

デリシャスなクッキー

大休止ではmasuさん手作りのクッキーをいただきます。うん、おいしい!

赤見堂岳を振り返る

 名残惜しいですが5名貸切の赤見堂岳から離れます。登りはノートレースでしたが、振り返ると我々のトレースが斜面に刻まれています。


村山葉山
月山が大きい

 石見堂岳に戻ってくると北尾根からテレマーカーさんたちが登ってきました。天気も回復し月山の展望がすばらしいです。石見堂岳からの下りは、雪がかなり緩んでいるのでつぼ足に変更です。緩んだ雪をヒールで刻みながらざくざく下ります。稜線から降りると風も抜けなくなり天気もいいこともあり日差しが強く暑い暑い!!

好天

 振り返ると雪面と立木がいい感じですなあ。でも下りも結構な距離です。もう山でおなかいっぱいって感じで(笑)

残雪の切れた尾根
県道まであと少し

 雪庇を避け藪漕ぎで巻き下り、樹間がつまってきた雪の切れそうな尾根をたどり、さらにくだり杉植林地が出てくるとやっと下界も近くなってきました。

楽しかった山行もフィニッシュ

 そして感動のフィナーレ?!

県道からはるか赤見堂岳山頂


 小桧原川の橋からは遠く赤見堂のピークが見えています。あすこまで行ったんだねえ。
 本日のお山は往復16kmほど、出発地点と山頂の標高差で約1000m、道中の累積標高差(GPSデータ)は往復で2200mほどでした。累積標高差は飯豊登山に相当します。おなかいっぱい歩いたというのも納得です。行動時間も入山5:30、下山15:20と約10時間の行動でした。
この後道の駅西川の水沢温泉(新しくて広いけど300円で入れ、シャンプーやサウナもある。さすが山形県)で汗を流します。
セットでお得

そして寒河江の味蔵(あじくら)でおなかを満たします。ここはセットメニューがお得で味もなかなかです。山で腹を減らしてくると最高ですね。

そして楽しかった本日の山行も解散です。

 皆様お世話様でした。soneさん、積雪期限定のいいお山ありがとうございます。morinoさん、運転ありがとうございました。音楽話もいいですねえ。動画はsoneさんのブログで!


入山5:30(アイゼン装着) ― 951ピーク7:30 ― 石見堂岳8:50(ワカン、スノーシュー装着) ― 1355ピーク 10:20― 鞍部小休止 ― 赤見堂岳山頂11:05 ― 鞍部大休止 ― 石見堂岳13:00(ツボ足に変更)― 951ピーク14:00 ― 下山15:20

さすが朝日連峰の山、歩き応えありましたが素敵な山域でした。次は山菜取り山行かなあ。
スポンサーサイト

tag : 山形の山

comment

Secret

No title

2013.04.16.22:21

ずいぶんと歩かれましたね。
景色も良いし、これもまた素晴らしい山行となったようです。
でもクレパスは怖いなぁ〜。

No title

2013.04.16.22:49

お世話様でした。
ハードだけれど楽しい山でしたね。
朝日と月山の中間だけあって素晴らしい展望でした。
ここから見た離森山や高安山も羨望の山になってしまいました。
またよろしくお願いします。

No title

2013.04.17.05:04

雪面と木立の写真良いですね~。
あんな素敵なところあったんですね。
同じところを歩いていても、見る目はずいぶん違うんだなあ、
もっと感性磨かなくちゃと思いましたが、天性の差ですね。
ご一緒させていただいて楽しく歩くことができました。

No title

2013.04.17.08:03

お疲れ様でした。
累積標高差2200mもありましたか。
私のGPSは電源が途中まで入っていなかったので分かりませんでしたよ。
しかし何回登っても奥深さと眺望の良さを味あわせてくれる山ですね。

雪見大福のお山でしたね(^^)

2013.04.17.08:57

雪山画像、指をくわえて見るマロ7がいます。
なかなかの展望のお山でしたね。
それにしても、行動時間と累積標高差は大変ですなぁ~。(^o^)

No title

2013.04.17.22:38

>utinopetika2さん
雪山をこんなに歩けるとは思いませんでした。天気と仲間に恵まれ、トラップの怖さも改めて身にしみた山行でした。

>morinoさん
前に朝日、後ろに月山、脇に離森山、本当にいいお山でした。マイナーな山ですが行きたいところだらけですねえ。こちらこそまたよろしくお願いします。<m(__)m>

>ebiyanさん
こちらこそご一緒できてうれしいです。いろいろ植生教えてくださいね。おやじの感性なんてたかが知れてますから。(^^ゞ

>soneさん
大変お世話様でした。私も帰ってきてからGPSログ見てびっくりでした。でも何回も行きたくなる山域ですねえ。今度は周回もしてみたいです。

>マロ7さん
久しぶりにまじめなお山でした^^
片や満開の桜、片や残雪の山、楽しみいっぱいで迷いますねえ。私はマロちゃんと山行きたいです。

2013.04.19.16:06

こんにちは~。
素晴らしい眺めですね!ご一緒したかったな~。2日連続では足が上がらなくなりそうだったので(^^;)

ナカシィさん

2013.04.19.21:31

前日のトレースのおかげで途中まで楽させていただきました<m(__)m>

あのやせ尾根通過はスキーが邪魔だったでしょうね。でも同じような場所で休憩してみんなでトレースに感謝してました。おかげで私も往復出来ました。

羨ましい!

2013.04.22.12:59

いやぁ、いいですねぇ。積雪期にしか行けないのが、またそそりますよね。一度やってみたいと思ってなかなか実現しませんが、来シーズンこそはと思っています。
こんな展望のときに行ってみたいです。いやぁ羨ましい!

>tobyさん

2013.04.22.23:24

パウダーシーズンは週末天気が悪いことが多かったですから。やっと取り返した気分です。でも今年も樹氷見てないんですよ。
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。