スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/31月山(1984m)姥ヶ岳(1670m)

2014.06.01.23:55

2月3月は諸事情で山に行けず、久しぶりの山行となりました。
今回は雪山を歩きたいというmorinoさんのお誘いを受け二つ返事でご一緒させてもらうこととなりました。現地で鯛金さんと合流し、3名での残雪漫歩へ出発です。
053120140937.jpg
リフト1回券を購入し、標高差300mを一気に登り楽をさせてもらいます。リフト降りてアイゼン装着します。天気予報で晴れなのはわかっていましたが、暑いです。日焼け止め顔に塗りたくり出発します。姥ヶ岳下は夏道沿い(トラバース)ではなく、お楽しみシリセードで下り直線的に月山に向かいます。
053120140951.jpg
雪が切れ、夏道と合流するあたりで振り返ります。アイゼン外します。さすがに気温が高く遠望はききませんが、この晴天では贅沢は言えません。

053120140955.jpg
縦位置の構図も捨てがたいと自己満足。

053120140964.jpg

お地蔵さんにお参りして、歌碑の石碑をすぎ、山頂小屋を過ぎ、月山山頂到着。そしてお約束の?三角点タッチ。

053120140969.jpg

弥陀ヶ原方面。うんいい景色です。

053120140971.jpg

葉山方面ももやもやしてます。山頂で大休止してさあ下りにかかりますよ。


053120140981.jpg

名残惜しいですが姥ヶ岳へと下りにかかります。振り返ると青空と残雪とスキーヤー。うーんあの下りの爽快感、味わいたいような。

053120140994.jpg

姥ヶ岳への夏道は尾根沿いが露出してました。石の敷かれた夏道にはミヤマキンバイが出迎えてくれました。

053120141004.jpg

ミネザクラも咲き始めていました。ハクサンイチゲやシラネアオイもちらほらと。

053120141018.jpg

金姥の東面はフィッシュスケールの急斜面。当然直登せず右にちょいと巻いて登ります。

053120141020.jpg

名前はわかりませんが鳥も遊んでくれます。オオタカと思われる猛禽類も姿を見せてくれましたが残念ながら写真撮れず。053120141023.jpg

最後にまたシリセードしながら戻りました。

いやあとりあえず雪山歩けたということで、天気も良くうれしかったです。日焼け止めは途中で塗りなおしたので、さほど日焼けはしませんでした。

morinoさん、鯛金さん ありがとうございました。 しかし暑すぎでしょ。

これから花の時期。どこに行くか悩ましいです。
スポンサーサイト

tag : 山形の山

comment

Secret

No title

2014.06.02.08:42

お世話様でした。
残雪歩き、雄大な展望、尻滑り、思わぬ花・・・。
やっぱり月山は良い山ですね。
これからは残雪と花の季節。また行かなくちゃ!

No title

2014.06.03.15:18

御一緒できてありがとうございました。
遠望が利かなかったのはどうもPm・・らしいですね。
酒田に帰っても鳥海山は見えなく何日もこんな状態ですよ。
雪山と春山の両方を楽しめたのだから今回は良し!

No title

2014.06.03.21:40

>morinoさん
こちらこそお世話さまでした
花の時期が心ひかれますね
またお願いします

>鯛金さん
ご一緒できてうれしいです
確かに雪山も春山(花)も楽しめましたから。遠望は気温が低いといいんですけどね。
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。