スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/19湯の沢岳(964m)三ノ俣山(660m)母狩山(ほかりやま:751m)

2014.10.21.10:00

先週の3連休はイベントやら実家に行ったりで、山行はなし。今週は土曜日は自転車で50kmほど走り日曜に備えました。

今回のお山は、摩耶山の北に位置する湯の沢岳から北の母狩山の縦走コースです。ここ実は冬の品倉尾根からもいい山並みだなあと眺めていたんですね。

今回は宮城部隊6名(soneさん、マスさん、morinoさん、maronnさん、utinopetika2さん、私)、山形部隊は5名(光逸さん、次郎長さん、すばるさん他2名)、それに遠路はるばるNYAAさんの計12名と結構なパーティーになりました。

101938522.jpg
堰堤手前の駐車スペースから橋を渡り、湯の沢岳へ向かいます。
101938562.jpg
昨夜も雨模様だったようで、ちょいと肌寒いですが朝霧は晴れということで意気揚々と登ります。ふと振り返ると後光が差してますなあ。

101938752.jpg
斜度がきつくなり汗が出てきますがブナの黄葉もいい感じになってきました。

101938832.jpg
101938842.jpg
101938872.jpg
1000mないんですが、素敵な稜線が青空に映えますなあ。

101938962.jpg
そして9合目(ジャンクションピーク)手前の急登を進みます。結構切れている岩場もありますが、慎重に進めば大丈夫。でもここまででだいぶ汗絞られました。

101938992.jpg
9合目は縦走路への分岐にもなっており湯の沢岳山頂は往復30分程度なので、ザックデポして身軽になって山頂へ向かいます。

101939042.jpg
湯の沢岳山頂に着きました。三等三角点のようです。

101939102.jpg
そそくさと分岐に戻り、お楽しみの縦走路に入ります。9合目から下ってすぐにブナの美林が広がっています。取りつきの急斜面からは信じられませんが、まっすぐなブナの二相林が広がっています。

101939422.jpg101939602.jpg

そして登山道のすぐわきにモダシ(ナラタケ)やクリタケが生えています(嬉)。

101939502.jpg
101939532.jpg
101939582.jpg
そしてお楽しみのmasuさんのスイーツ!
本日は「クランベリータルト」(丸いの)、「ペテット・オ・ペカン」(四角いの)の2種類です。どちらも甘すぎずおいしいです。ほんと小休止のお楽しみです。

101939722.jpg
101939742.jpg

小休止後もイイ感じのブナ林や細ーい稜線をたどり、だましピークでひいひい言いながら、最後の急登をなんとかこなし、母狩山に到着です。前よりは籔が伸びてきて見晴らしは悪くなったようです。



母狩山からいいいよ下山にかかります。

101939882.jpg

上のほうは黄葉でしたが、中腹はまだ緑が優勢でした。ここも印象的なブナ林でした。実はここからの下りが、なかなかにハードでした。途中で沢に降りる以前からの登山道ではなく、尾根筋から降りるコース(一応赤テープあり、刈り払いされています)をたどります。痩せ尾根を通るのでしょうがないですが、これがまた一本調子に急な下りなのでふとももパンパンです。「こりゃ効くなあ」などといいながら下り、斜度が緩んだかなと思ったら大堰堤が見え、楽しい山行もフィニッシュです。

湯の沢岳

本日のトラックログです。登山口が標高150mほどで、標高1000mない山に登って、歩行距離も12kmくらいなんですが、登りの累積標高は1200mちょいありました。単純に考えれば平均登り勾配10%ということですよねえ。自転車だったらヒルクライム大会ですよこれ。歩きがいがあるのも納得です。でも素敵な稜線歩きとブナの美林を味わうことができました。12名の大所帯でしたが事故もなく、みなで楽しく歩けました。ご一緒させていただいた皆様ありがとうございました<(_ _)>

101920144007.jpg
朝はモルゲンロートのような湯の沢岳が出迎えてくれて、帰りは月山が見送ってくれました。

1019201440182.jpg
 〆は寒河江の竹の子食堂のなめこそばです。天然ナメコがそばが見えないくらいにちりばめられて、まいうーです。お通しのブナハリの煮物もグーでした。
 




スポンサーサイト

tag : 山形の山

comment

Secret

No title

2014.10.21.15:27

お疲れ様でした。
低山ですけど、歩いているととても低山に思えない山ですよね。
下山路は後方にいた人ほど道が荒れて滑り易くなっていました。
皆さん必死で下っているのが最後尾から見て分かりましたよ。
因みに私は急なところは全て藪漕ぎで下りました(笑)

No title

2014.10.21.22:59

お世話様でした。
1000m無い山とは思えない程の充実感を味わえる縦走でしたね。
そして稜線のブナ原生林に大満足。
残雪期に水不足で苦労したので1.5リッター持って行って正解でした(笑)

No title

2014.10.22.11:11

お世話になりました。
標高の割に登りがいのある山でした。
尾根のブナ林は面白かったですね。
またよろしくお願いします。

No title

2014.10.22.20:18

>soneさん
下りは必死でした。今度下りかた教えてください。しかし静かで、いいお山でした。

>morinoさん
ほんと標高ではわからないいいお山でしたねえ。私も残雪期機会があれば行ってみたいです。

>utinopetika2さん
運転ありがとうございました。また別のお山でも宜しくお願いします。

No title

2014.10.23.12:26

ホント!下りは緊張で頭いっぱい・・それでも滑って転んでイタタ・・
誰かさんは滑らない藪を!考えもしなかった降り方あったんだね~
汗かいた分楽しかった1日でした。

>maronnさん

2014.10.23.21:59

確かに薮のほうがグリップして下りやすいかも。
私は膝のためにも自分の軽量化ですね(笑)
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。