スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/5早池峰山(1914m)中岳(1679m)鶏頭山(1445m)周回

2015.07.08.23:53

この週末は山に行けるのは日曜なので、「早池峰行くよ(縦走付き)」のお誘いに二つ返事で行きますよ。

soneさん、morinoさん、マスさん、marronさん、ichicoさん、shigeちゃん、それに私の7名での山行と相成りました。やはり女性陣は元気です。

暗いうちからの行動。煌々と夜が明け、6:00のシャトルバスに乗り小田越へ。

070520157934.jpg

最初は樹林帯の木道を行きます。

070520157937.jpg
岩稜帯に入ると展望が開けます。

070520157941.jpg
振り返ると薬師岳がおいでおいでしています。そのうちね。

070520157948.jpg
070520157958.jpg
070520158002.jpg
070520158047.jpg

登山道わきの緑のスポットには色とりどりの花が咲いています。名物の岩場の梯子を登ります。

070520158057.jpg
070520158070.jpg
070520158075.jpg
剣が峰の分岐から少し東へ向かいます。ここも岩陰に花がいっぱい。

070520158132.jpg
山頂方向はガスが上がってきましたが、小屋が見えます。

070520158134.jpg
剣が峰の稜線が素晴らしいです。機会があれば歩いてみたいものです。
山頂で記念撮影し小休止とします。masuさんお手製のサクランボケーキ。いつもながら絶品です。

070520158196.jpg
070520158223.jpg
070520158210.jpg

花を愛でながら中岳に向かいます。

070520158253.jpg
070520158269.jpg
岩場の向こうには鶏頭山が見えてます。ここから距離はさほどではないものの、岩場のアップダウンやトラバースもあり、一筋縄ではいかない縦走路です。でも人が少なく静かな山歩きが堪能できます。


070520158295.jpg
070520158308.jpg
にせ鶏頭から薬師岳をみる。ここから急坂を七折の滝まで降りますが、稜線では乾いていた岩も樹林帯では滑りやすくなるので気を使います(もちろん体力も使う)下りなのに暑い!

070520158316.jpg
ふうふういいながら七折の滝に到着です。見事な多段の滝です。

070520158324.jpg
滝からは小一時間で岳の駐車場に戻ります。

しかし6:30登りはじめ16:30駐車場帰着。山も花もおなかいっぱいです。

下山後の仕上げは温泉&ラー。

皆様お世話様でした。

今回の小田越-早池峰-中岳-鶏頭山-七折滝-岳の縦走コース、13kmほどと距離はさほどではないですが、歩く人は少なかったです。一般コースではあるようですがマニアな人向けですね(笑)。今回は岩稜帯が乾いていたので非常に歩きやすかったです。これが雨天や岩が濡れている場合は危険です。好天限定と考えたほうがよいです。
スポンサーサイト

tag : 岩手の山

comment

Secret

No title

2015.07.09.22:19

お世話様でした。
花イッパイ、岩イッパイで楽しかったですね。
ニセ鶏頭からはハードでしたが見事な滝を見られてGoodでした。
しかし、shigeちゃんは体力ありますねー。
又よろしくお願いします。

No title

2015.07.10.00:11

お疲れ様でした。
ichicoさん乗せていただいて仙台まで来なかった分楽だったでしょうね。
しかし女性陣は元気ですね。どんどん先を行ってしまうので、動画や写真を撮っていると追いつきませんでした。
あれだけの内容を持つ縦走路なのに歩く人は稀ですね。

No title

2015.07.13.12:37

スケールの大きい山行でしたね。
花で満腹行けども行けどもたどり着けない歩きに満腹
下りの滑りにおっかなびっくり見事に転びました~
でも滝は必見でした。
楽しい縦走でした。
連休飯豊なら声かけてね~~
御世話様でした。

管理人のみ閲覧できます

2015.07.16.02:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。