スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/20栗駒山(1627m)表掛け、裏掛け周回

2015.07.23.00:22

7/20は海の日ですが、山へ行ってきました。今回はメジャーなお山のマイナーなコース。おもわぬお楽しみでした。

072020158505.jpg

ハイルザーム栗駒を過ぎ、スノーシェッド手前の駐車場に車を止め、表掛けコースへ出発です。今日はsoneさん、masuさん、morinoさん、maronnさん、みどぽんさん、shigeちゃん、私の7名パーティーです。

072020158521.jpg

軽く刈り払われた登山道をトラバースしていきます。数年前に表掛けコースも復旧していたようですが、御沢はどんなでしょうか。ちなみに御沢まではみなさん登山靴で、御沢で沢靴に履き替え。私はファイブテンのラバーソールでアプローチから沢から上がるまで履き替えなしで行きました。

072020158533.jpg

御沢に到着。ここで私以外は沢靴に履き替え、登っていきます。靴が濡れるのを嫌ってはかえって危険なので、水線沿いに好きなところを歩ける沢靴が必要でしょう。ちなみに雪解け水なので冷たいです。私は化繊ソックスで行きましたが、ネオプレンソックスがベターかと思います。

072020158550.jpg
072020158583.jpg

天気もまずまずで新しいペンキの矢印を目安に、めいめい好きなところを通って登っていきます。でも沢靴履いているのに、なるべく濡れないように行く人もいれば、水線通しで行く人もいて、通るとこコース取りで好みが出るもんだとわかりました。


072020158606.jpg

まもなくハシゴ滝。soneさんが滝の右から登って上の沢へ。みなさんはロープのある急坂を。ここはフェルトでは結構踏ん張りが利かなかったようです。アクアステルスはどうということはなかったです。滝上の小川になったところで登山靴に履き替えます。

072020158640.jpg

いまだ残る雪渓のスプーンカットを踏んで登っていきます。

072020158646.jpg

お室手前の大地森コースとの分岐付近ではユキワリコザクラが出迎えてくれました。

072020158648.jpg

また別な場所ではアカモノ(イワハゼ)が可憐な花を咲かせています。

お室手前の雪渓を登り、お室で小休止。

072020158660.jpg
072020158698.jpg

マイズルソウ、イワカガミとユキワリコザクラなんかを愛でながら。


072020158717.jpg
072020158742.jpg

まあこのときは山頂方面はまだいい感じだったんですがね。

072020158782.jpg
072020158789.jpg

イワイチョウやツガノアオザクラなんかを眺めて稜線へ向かいますよ。

072020158800.jpg
072020158802.jpg

眼下には大地森。

072020158812.jpg
072020158816.jpg

稜線のハクサンシャジンロードを通り、山頂へ。お約束の三角点タッチ!

072020158830.jpg
072020158861.jpg

山頂は記念撮影だけで見通しもあまりないので速攻で下ります。笊森避難小屋を眺めて、裏掛けコースへと回り込みます。

072020158871.jpg
キンコウカロードが出てきました。

072020158887.jpg
モウセンゴケ(食虫植物)とその花が咲いてます。

072020158898.jpg

そこからドゾウ沢方面へ向かうと、岩手宮城内陸地震で崩壊した跡も生々しい付近ではワタスゲが咲いていました。

072020158925.jpg

どれだけの量の土砂が崩れたのだろう。


この後、雨が降り始めたため写真なし。合羽を着てもどのみち中から濡れるし、さむいわけではなかったのでそのまま小雨の中を逍遥しました。

新湯沢の渡渉点は私はとりあえずトレッキングシューズで大丈夫でしたが、脱ぐか濡れるの覚悟で渡ったほうがいいですね。

ちょっとだけ登りになりすぐに道路へ。

スノーシェッドをくぐり、駐車場へ帰着。

新湯で汗を流し、さっぱりとして帰りました。


あ、古川の冨士屋で塩分補給して帰りました(爆)

皆様お世話様でした。夏は沢コースいいですね。
スポンサーサイト

tag : 宮城の山

comment

Secret

No title

2015.07.23.23:00

お疲れ様でした。
見どころ満載のコースでしたが、一方で、手軽に沢歩きも楽しめるよいコースでしたね。
こんなコースがほかにもあったら是非いってみたいです。
またの機会を楽しみにしています。
shigeちゃんにもよろしくお伝えください。

No title

2015.07.23.23:33

お疲れ様でした。
shigeちゃんも雪渓を除いては果敢に歩いていましたね。
沢を登りつめたところが雪渓とお花畑を言う山は少ないと思います。
雨で濡れるか、合羽で濡れるかの二択でしたが、大した雨でなかったので濡れても気持ちよかったです。

No title

2015.07.24.20:12

お世話様でした。
沢歩きを楽しんで、雪渓に緊張して、花に驚かされた栗駒でしたね。
shigeちゃんはもうどこでも歩けるでしょう。
又よろしくお願いします。
プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。