スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の日スペシャル飯豊山(2105m)

2010.07.27.22:03

梅雨が明けた。天気図を見ると梅雨明け10日の好天が望めそうだ。休みが取れたので、一日ずらして19日、20日の一泊二日で超久しぶりの飯豊山。夜明け前はまさに降るような星空と天の川。
明るくなって登山届を投函。大日杉小屋から登り始める。しかし暑い!!ばてないようにペースを落とす、というか登りが長いので無理は禁物なのだ。地蔵岳までちょうど3時間。水の消費ペースが速い。
御坪からの飯豊山
御坪から本山方面が見える。雲にあまり隠されず、今日は本山方面を眺めることができる。ヒメサユリ

御坪からぼちぼちヒメサユリが姿を見せてくれた。久しぶり。ここから種蒔山の三国岳からの合流直前の急斜面の雪渓は安全のためアイゼン付けてトラバース。切合小屋で大休止&昼食とする。カップラ+おにぎりでエネルギー&塩分補給。ハイドレーションと水筒に水を満たして本山小屋へ向かう。草履塚を下り、姥権現を拝んでから鎖場の御秘所を越え、御前坂をへろへろになりながら登る。一王子からは目と鼻の先に本山小屋。管理人さんに挨拶して空身で飯豊本山山頂へ。

飯豊山頂

大日岳方面は雲がわいてきていまいちだったが、だいぐら尾根や磐梯山、猪苗代湖が見える。天気待ちができるくらいだから、天候は恵まれている。御西方面から結構登山者がやってくる。意外と本山小屋もにぎわうかも。というか18の夜は切合小屋も本山小屋も相当な人口密度だったらしいので一日ずらして正解である。
夕方になったら雲と風が出てきた。小屋のありがたさを感じる。水場から水をとり、夕食。ボッカした缶ビール2本で隣の人と乾杯!

朝焼け
翌朝も風はそこそこあるが朝4:30で気温13℃。快適である。アルファ米で朝食をとり、ゆっくりと下りにかかる。切合小屋で小休止し、水をたっぷり補給し下る。1700mまで下ってくると結構暑くなってきた。
下りはどうもリズミカルに下れないので無駄に疲れるのである。地蔵岳三角点からの展望

地蔵岳で昼食とする。今日は地蔵岳からは山頂まで見えないようである。しかしここからの下りが地獄の暑さだった。暑くて消耗した。鎖の付いたザンゲ坂を下り、大日杉の登山者カウンターを越え到着。下山届けを記入。人気も少ないので脇の沢の水で体を拭き頭を冷やす。生き返った!!

下界はうだるような猛暑だった。アー疲れたけど面白かった。
スポンサーサイト

tag : 福島の山

comment

Secret

プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。