スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つ森(松倉山、撫倉山、大倉山、蜂倉山、鎌倉山、遂倉山、たがら森)11/21

2010.11.22.22:27

里に下りてきた紅葉も終盤である。小春日和のいい天気。1年ぶりに7薬師がけに出撃。というより出だしが遅かったので奥羽山脈までいけなかったのだ。



 信楽寺(しんぎょうじ)跡駐車場からスタート。今日は出だしからピンソールミニを装着し、ストックはなし。急な登り下りの連続ということもあるが、Wストックだと下りが雑になり、膝が痛くなるので、下り方の練習もかねて最近はストックなし。

 まず1つめ松倉山。三角点を覗いてから山名板へ。薬師さんを拝む。
松倉山


 急な下りを耐え、鞍部に下りてまた登る。2つめは見晴らしのよい撫倉山。小休止しておにぎりいただき。ちょっとかすんでいるが、見晴らしはまあまあ。まったく寒くない。

撫倉山




 
山頂からちょいと北の岩稜から見た船形連峰。わずかに白いものが残っているが、夏道でまだ山頂にいけそうだ。
船形連峰


 撫倉山からの急な下りを終え、鞍部の十文字から3つめの大倉山へ滑りやすい斜面を登る。大倉山はだれもおらず静かだった。ピストンで鞍部には戻らず山名板から北西の尾根をとおり三角点を見てから遊歩道へ下る。

大倉山


 すぐに4つめの蜂倉山への分岐となり南面の尾根をぐいぐい登る。北側へ降り、杉林になったら遊歩道に合流し西へ向かう。

蜂倉山


 前半に比べるとここからは楽に感じる。5つ目の鎌倉山。ここまでくれば7ついけそうだと思うわけで。
鎌倉山


 尾根を降りてすぐに6つめの遂倉山へ登りにかかる。ここはジグがきってあり急登直登ではないので簡単に登れる。てっぺんには鉄のやぐらがある。

遂倉山


 7つめのたがら森へは遂倉山への登山道の上部にたがら森への看板があるところから下る。ただしすごい急な下降のためスリップ注意。鞍部はがけの上のリッヂを通過し、赤テープの分岐目印をすぎちょっと登ると、ここだけ手作りの山名板がつけられたたがら森に着く。
たんがら森



 旧式の7薬師がけは今日お参りした7山をめぐるものであるらしい。昨年はたがら森から遂倉山鞍部まで戻り赤テープから杉林を通り遊歩道へ降りたが、今年は西へ降りるコースをたどってみる。まあ踏み跡もあるしテープもあるので廃道とまではいえまい。
里山ではあるが単純に平均して250mのアップダウンを7回繰り返すと考えれば累積標高差は±1500mになるわけで、7薬師を1日で回るのは結構ハードである。稜線歩きがなく、稼いだ標高をひとつずつリセットして登るのだから。駐車場までも徒歩で戻ると13キロくらいは歩くことになるようだし。


名残の紅葉

 今回も前回に引き続きトレッキングシューズ+ピンソールミニで歩いたが、落葉で滑りやすい急斜面がいくぶん楽に感じた。落葉でフカフカサクサクの道は気持ちいいが、7ツ森のように急斜面で落ち葉がスリップを誘発するようなところは気を使う。

 ダムサイドから遊歩道を通り、松倉山東面の作業道、林道とつなぎ、八幡神社へでた。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。