スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/20栗駒山(1627m)表掛け、裏掛け周回

2015.07.23.00:22

7/20は海の日ですが、山へ行ってきました。今回はメジャーなお山のマイナーなコース。おもわぬお楽しみでした。

072020158505.jpg

ハイルザーム栗駒を過ぎ、スノーシェッド手前の駐車場に車を止め、表掛けコースへ出発です。今日はsoneさん、masuさん、morinoさん、maronnさん、みどぽんさん、shigeちゃん、私の7名パーティーです。

072020158521.jpg

軽く刈り払われた登山道をトラバースしていきます。数年前に表掛けコースも復旧していたようですが、御沢はどんなでしょうか。ちなみに御沢まではみなさん登山靴で、御沢で沢靴に履き替え。私はファイブテンのラバーソールでアプローチから沢から上がるまで履き替えなしで行きました。

072020158533.jpg

御沢に到着。ここで私以外は沢靴に履き替え、登っていきます。靴が濡れるのを嫌ってはかえって危険なので、水線沿いに好きなところを歩ける沢靴が必要でしょう。ちなみに雪解け水なので冷たいです。私は化繊ソックスで行きましたが、ネオプレンソックスがベターかと思います。

072020158550.jpg
072020158583.jpg

天気もまずまずで新しいペンキの矢印を目安に、めいめい好きなところを通って登っていきます。でも沢靴履いているのに、なるべく濡れないように行く人もいれば、水線通しで行く人もいて、通るとこコース取りで好みが出るもんだとわかりました。


072020158606.jpg

まもなくハシゴ滝。soneさんが滝の右から登って上の沢へ。みなさんはロープのある急坂を。ここはフェルトでは結構踏ん張りが利かなかったようです。アクアステルスはどうということはなかったです。滝上の小川になったところで登山靴に履き替えます。

072020158640.jpg

いまだ残る雪渓のスプーンカットを踏んで登っていきます。

072020158646.jpg

お室手前の大地森コースとの分岐付近ではユキワリコザクラが出迎えてくれました。

072020158648.jpg

また別な場所ではアカモノ(イワハゼ)が可憐な花を咲かせています。

more...

tag : 宮城の山

7/5早池峰山(1914m)中岳(1679m)鶏頭山(1445m)周回

2015.07.08.23:53

この週末は山に行けるのは日曜なので、「早池峰行くよ(縦走付き)」のお誘いに二つ返事で行きますよ。

soneさん、morinoさん、マスさん、marronさん、ichicoさん、shigeちゃん、それに私の7名での山行と相成りました。やはり女性陣は元気です。

暗いうちからの行動。煌々と夜が明け、6:00のシャトルバスに乗り小田越へ。

070520157934.jpg

最初は樹林帯の木道を行きます。

070520157937.jpg
岩稜帯に入ると展望が開けます。

070520157941.jpg
振り返ると薬師岳がおいでおいでしています。そのうちね。

070520157948.jpg
070520157958.jpg
070520158002.jpg
070520158047.jpg

登山道わきの緑のスポットには色とりどりの花が咲いています。名物の岩場の梯子を登ります。

070520158057.jpg
070520158070.jpg
070520158075.jpg
剣が峰の分岐から少し東へ向かいます。ここも岩陰に花がいっぱい。

070520158132.jpg
山頂方向はガスが上がってきましたが、小屋が見えます。

070520158134.jpg
剣が峰の稜線が素晴らしいです。機会があれば歩いてみたいものです。

more...

tag : 岩手の山

6/6山伏岳(1315m)

2015.06.08.10:30

もう6月になってしまいました。
天気予報は日曜が絶好の山日和ですが、残念ながら土曜日しか時間取れず。なので出発を遅くできる簡単な山で、宮城県から北の山で、下山後は温泉も、となると湯沢というか雄勝あたりかなと。
天候次第では小安岳、高松岳周回も考えたのですが、天候と短時間でという制約から今日はお気楽山伏岳ピストンに決定!

鬼首トンネルを越え、湯の又温泉へ右折し、登山口へ向かいます。天気の回復が遅く曇空です。まあしょうがないねと車を林道へ。駐車スペースのある登山口は作業道造成作業中とのことでちょっと手前の空き地に車を止めshigeちゃんと歩き始めます。

060620156705.jpg

久しぶりの山歩きなのでゆっくりと進みます。サンカヨウの白い花が潤って光ってます。

060620156714.jpg

杉林の中の九十九折れの作業道を横目に、本来の登山道を登っていきます。間もなくぶどう平に到着。水場があります。ここから屏風のコルまで結構な勾配ですが、タケノコ採りしながらゆっくり登りとなりました。屏風岳へのダイレクト登山道は籔の中でした。

060620156737.jpg

こんな花やギンリョウソウ、ダイモンジソウ、タムシバを眺めながら、登っていきます。

060620156740.jpg

サラサドウダンもいい感じです。でも屏風のコルからさすがにカッパ着用。

060620156746.jpg

快晴であれば爽快な尾根を行きます。shigeちゃんサクサク登ります。

more...

tag : 秋田の山

5/17升沢-蛇が岳(1400m)-三峰山(1418m)-長倉尾根-氾濫原周回

2015.05.20.09:00

 天気予報通り日曜は天気が回復傾向。もっとも山歩きはちょっとご無沙汰だったので、足慣らしで勝手知ったる船形山へ行こうとshigeちゃんと車を旗坂キャンプ場へ向ける。
ちょっと半端な時間でメインの駐車場は結構埋まっていたので向かい側の駐車場へ車をとめ、準備をして登山口へ向かおうとしたら、shigeちゃんがバイクでやってきた変なおっさんと話している。ありゃあマロ7さんではないですか。何たる奇遇。
 聞けば蛇が岳から長倉尾根周回とのこと。せっかくなのでご一緒することに。

0517201561472.jpg

 新緑が眩しい。そしてヤシオツツジやタムシバ、ムシカリなどの花が陽光に映えている。

0517201561522.jpg

最初は夏道で登ってきたが、途中で残雪を踏むようになってきた。残雪、新緑、青空、初夏の山の楽しみである。

0517201561572.jpg

三光の宮に登り、景観を楽しむ。思えば3月の末にも花染山周回で登っているのだが、shigeちゃんはまったくピンと来ていないようだ(笑)

0517201561742.jpg
0517201561852.jpg

そこからわずかで雪に埋まった瓶石沢を渡り、蛇が岳へ向かう。さすがに雪が最後まで残るこのあたりは、軽アイゼンがあったほうが良い。マロ7さんありがとうございます。
ガス欠になりかけたshigeちゃんを励まし、妙に踏ん張りが効かないなと思ったら、軽アイゼンの片方が行方不明。泣く泣くあきらめ蛇が岳山頂へ。そこでは高校の山岳部の若者が休憩中。聞けば多賀城高校だそうな。蛇が岳から草原コースを旗坂まで下るとのこと。もし軽アイゼン見つけたら旗坂のバイクにぶら下げててね、とお願いしました。

0517201561962.jpg

黒伏山方面が良く見えます。

more...

tag : 宮城の山

12/14達居森(たっこもり)262m

2014.12.26.20:36

土曜日は楽しい忘年会でした。天気も日曜昼から下り坂のようなので、近場であまり雪もなさそうな達居森にしました。

まあ同行者にちょっとだけ山慣れ(雪慣れ)をお手軽にしてもらおうということです。

121420144524.jpg

雪はこんな感じ。ダムサイドに車を止めて歩き始めます。

121420144526.jpg

船形おろしが吹き抜ける部分は結構寒いです。この冬初めてソフトシェル着込みました。風裏だと寒くないんですけどね。で見晴峠ですが、風ぴゅーぴゅーです。

121420144519.jpg
121420144516.jpg

山頂について、ちょいと南の眺望所に行きますが、まあこの天気ではね。そそくさと戻ることにします。帰りは天気もどんどん下り坂なので風を避け、あずまや方面から回り込んで戻りますが、あずまやまでは行きません。

そういえば居付きのカモシカには会わなかったなあ。

寒いので休憩もほとんど取らず1時間ちょっとで周回して戻ってきちゃいました。時間的にも遅いお昼をということで、吉岡の萬福食堂にしました。ここ地味だけど結構好きなんだなあ。



プロフィール

tom

Author:tom
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。